スマホが壊れた時あなたはどうしますか?

>

スマホの修理でやってはいけないこと

メモリーカードについて

スマホを修理に出すとデータが残っている保証はありません。

何故ならば、分解して中を見なければならないからです。
どこが故障しているのか、それを見定めるために情報の保証をしながら修理をしてくれるとこはまずありません。
アカウント情報や電話帳、画像と言った大切な情報はスマホとはまた別に取っておくことが大事でしょう。

この別に情報をとっておく手段として簡単なのがメモリーカードです。
スマホに装着してボタンを設定すればすぐにバックアップが取れます。
なにかのメモ帳に手書きで控えてもいいと思いますけどもそれは大変でしょう。

メモリーカードと聞くと画像などの保存容量をひろげるものとお思いがちがちですね。
ですが、バックアップ用として持っておくことも必要かもしれません。

修理について

スマホの修理前にできることはデータのバックアップを取って置くことです。

ネットでこのことを検索しようとしたら自分でスマホを修理できる方法と言うのも載ってはいました。
ですが、スマホを自分で修理するということは専門家ではない人がスマホを分解するということです。
この行為は保証期間内であってもキャリアから保証打ち切られることもあり得ます。
急いでいるのはわかるのですが、保証を持ってくるキャリアに持ち込むのが得策でしょう。

スマホの修理についてはキャリアに持ち込むのが得策で自分でなにかをやるのはお勧めしません。
私も修理と言いキャリアに持ち込んだことがありました。
幸いバッテリーを外したら動いたので良かったですがキャリアの人から「ご自分で外してみてください」と言われました。
向こうからするとたかだかバッテリー外すくらいと思うのでしょうがそれでどこか壊れたら保証してくれないです。
やはりプロにお任せします。


このコラムをシェアする